【どう見るこの相場】円相場の行方

日米 国旗
【急ピッチの反動、113円前後も想定に、原油安には副作用も】

■銘柄入れ替えを検討するところに来ている

<Q>円相場が121円台から一気に119円台へ円高となっている。125円は早いとみられていたのになぜか。

<A>短期間に急ピッチで円安(ドル高)が進んだことでドルに対し利益確定売りが出ている。200日線とのカイリ率が15%台まで拡大し2013年5月の17%台以来の高い水準となり警戒感も指摘されていた(本紙8日付け)。

<Q>世界景気の不安も言われているようだが、原油安は世界景気にとってプラスではないのか。

<A>確かに、身近なところではガソリン価格が下がり、とくに車社会のアメリカにはかなりの額の消費刺激効果があるとみられている。日本でも値上がりしていたガソリンが下がったことで安心して正月は帰省できるという声も聞かれる。運送会社にプラス効果は大きいし化学会社にとっても原料安効果が期待できる。もちろん、日本の貿易収支改善にも効果がある。

<Q>それなのになぜ、欧州などの経済の先行きに不安が持たれているのか。

<A>産油国にとって原油安は収入の大幅減少につながる。早くもロシアは資源価格下落による収入減少の影響で先行き経済への不安から通貨ルーブルが下落している。中東など産油国においても同様の展開となっている。ロシアや中東との貿易取引が多い欧州にとっては、産油国の不振は足元の経済停滞にさらに追い討ちをかけることが心配されている。産油国や欧州の経済減速は中国にも波及しアメリカ経済も影響を受けるという懸念が急速に高まっている。

<Q>今後、為替はどう動くのか。

<A>短期的にはドルの短期急騰に対する反動の落ち着きどころを探る展開だろう。10月15日の105.7円前後から12月8日の121.8円前後まで2カ月弱で約16円のドル高・円安が進んだ。この振幅の半値水準とみれば113円前後までの円高(ドル安)の揺り戻しは予想される。一方、欧州など世界景気の不安ということでアメリカの金利引上げは先延ばしとなることは予想される。この面からは日米金利差によるドル高・円安の可能性は薄くなってくる。G7などの緊急経済会議が開催されるかどうか注目される。

<Q>日本株はこれまでの円安買い相場が変わることになるか。

<A>素直に受け取ればそうなるだろう。今の時点では単なる揺り戻しの円高か、あるいは基調が変わったのかは見極めがつけにくいが、少なくともマーケットではやされていたような早晩128円に行くという見方は後退するだろう。これまで、トヨタなど円安関連銘柄だけが買われる展開だったが、この動きは今後、徐々に修正されるのではないだろうか。とくに、今週末の選挙で安倍政権が勝利すれば円安に頼った政策から離れ、むしろ円高政策を採る可能性は予想される。アベノミクス第3章の地方創生にはむしろ円高のほうが都合がよいからだ。内需関連株に人気が移る可能性はあるだろう。銘柄の入れ替えを検討するところに来ているようだ。

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■テレワークとオフィスワークの融合でイノベーション創出を目指す  エキサイトホールディングス(エキ…
  2. ■内閣府発注の大型プロジェクトを15億3800万円で落札  QPS研究所<5595>(東証グロース…
  3. ■働く車や人気キャラクターのおもちゃで、考える力、社会性、創造性を育む  日本マクドナルドホールデ…
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. ■株式分割銘柄19社、権利確定迫る!ダブル・トリプル還元策も期待  今週のコラムは、株式分割銘柄に…
  2. ■上場企業、株主還元策でサバイバル競争!  株主還元策の大盤振舞いである。5月15日にほぼ一巡した…
  3. ■高額品・ブランド品株、不動産株、証券株が狙い目!  今週の当コラムは、円安・ドル高メリット株に注…
  4. ■まさか「円安不況」?!「安いニッポン」買い関連株は順張り・逆張りともダブル選択肢  「短期は需給…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る