ディ・アイ・システムは「メタバース体験研修」の提供を開始、ビジネスになる近未来予測と可能性について解説

 ディ・アイ・システム<4421>(東証スタンダード)は7月26日、2022年8月5日(金)から、同社が運営する教育サービス事業において、新たに「メタバース体験研修」の提供を開始すると発表。

■サービス提供の背景

 昨今、長期化する新型コロナウイルス感染症の影響や働き方改革の推進から、テレワークやオンラインコミュニケーションが定着化してきている。このような状況のなか、5G通信や仮想空間技術の進歩とともに、新たなビジネスや体験につながるツールとして「メタバース」(仮想空間自体や仮想空間でコミュニケーションが行えるサービス・プロダクト全般をいう)が注目を集めている。メタバースは、これまではゲームを中心に利用されてきたが、バーチャルオフィスやバーチャルショップなど、徐々にビジネスシーンでの活用も増加してきた。

 ディ・アイ・システムでは顧客企業のDX化のためのサービス提供に注力してきた。同社の研修サービスを通じて、メタバースを実際に体験しメタバースがビジネスになる近未来予測と可能性について理解を深めることによって、顧客企業の更なるDX推進に貢献していきたいという思いから、同サービスの提供を開始することとした。

■サービスの概要

(1)研修の目的

 近年「メタバース」がバズワードになっています。コロナ禍で注目が集まり大きな成長を見せていが、ビジネス面でもバーチャル会議やワークスペースとしての活用が注目されている。同研修では、メタバースを実際に体験することでメタバースの可能性を理解し、メタバースがビジネスになる近未来予測と可能性について解説する。

(2)研修カリキュラム

【前半】 VRデバイスとメタバース体験

□Part1 Quest2の使い方練習
・VRデバイスを理解するための練習、チュートリアルを体験。
□Part2 360度動画体験
・VRデバイスを使用して、アートの中に入る、高所体験、旅番組などの動画を体験。
□Part3 1人で行ってもわからない。これぞメタバース!
・世界最大のVRコミュニティ「VRchat」体験、建物探索の楽しいワールドにお連れする。
・日本を代表するSNS「Cluster」を体験。
□Part4 VRゲーム体験
・世界で400万本の大ヒットゲーム「Beat Saber」を使用し、手首や腕だけではなく全身を動かすVRデバイスの特性を体験。

【後半】 無限の可能性を秘めたメタバースセミナー

□Part1 メタバースがビジネスになる近未来予測
・「メタバース」とは次世代のネットビジネス
・ネットビジネスはGAMMAが作る
・流行るネットビジネスのキーワード「稼げる」
□Part2 これまでと今後のメタバース
・メタバースの歴史
・メタバースの現在地
・メタバースの活用に向けて
□Part3 質疑応答

※体験メニューは変更となる場合がある。

(3)日程・受講料

■日程
・【第1回】2022年8月5日(金)14:00~17:00
・【第2回】2022年8月12日(金)14:00~17:00
・【第3回】2022年8月26日(金)14:00~17:00

※メタバース体験研修は2022年9月以降も毎月実施する。研修日程は当社ホームページ上で随時更新。

■受講料
・1名様=30,000円(税別)

(4)開催会場
株式会社ディ・アイ・システム(研修ルーム)
〒164-0001 東京都中野区中野4-10-1 中野セントラルパークイースト2F
※当研修は対面形式で行う。 ※最小催行人数=5名
(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■優待利回り高配当銘柄、優待常連銘柄も要チェック  今週の当コラムでは、株主優待制度関連株に注目す…
  2. ■サプライズ優待がもたらす、株主還元策の新たな潮流  「恐れ入りました」と脱帽する以外にない。株価…
  3. ■大会関連株からメディア、スポーツ関連株まで幅広い分野で機会  パリ五輪は、競技内容の盛り上がり、…
  4. ■FOMCと日銀金融政策会合、7月の同時開催でマーケット注視  本当に「ハト派」なのか、それとも「…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る