清水建設、タワークレーンに衛星アンテナを設置!超高層ビル現場で高速通信を実現する新手法

■衛星通信サービス「Starlink」を活用し現場のデジタル化を促進

 清水建設<1803>(東証プライム)は、KDDI<9433>(東証プライム)と共同で、超高層ビル建設現場の高層フロアで低層部と同等の高速通信環境を簡易に構築する新手法の実証実験を都内の現場で行い、高さ100m以上の施工フロアで安定的な通信環境を確保できることを確認したと発表。同手法は、KDDIが提供する衛星通信サービス「Starlink Business」を通信インフラとして活用するもので、タワークレーン上部に設置した専用アンテナを利用し、超高層フロアで高速かつ安定した通信環境を実現する。

 超高層ビルの施工フロアは、地上からの電波が届きにくくなり、モバイル回線を利用することが難しくなる。モバイル回線を利用できない高層フロアでは、通信インフラを独自に構築しなければならず、施工が進捗する都度、最上層フロアへ通信ネットワークを延伸させる必要が生じる。そこで同社は、クレーン部分が常に施工フロアの最上層に位置するタワークレーンに着目。クレーン部にStarlinkの専用アンテナを設置することで、タワークレーンを現場内の電波塔として活用することを発案した。

 Starlinkは、米国スペースX社が運用する数千基の衛星を利用した通信サービスで、受信アンテナと衛星の間に遮蔽物がなければ、安定した通信環境を確保できる。建設現場の施工フロア最上層は直上に遮蔽物がない環境下にあることから、Starlink専用の広角電波受信アンテナ「Flat High Performanceアンテナ」を現場のタワークレーン上部に設置することで、超高層の施工フロアで高速通信を享受することが可能になる。

 実証実験では、タワークレーン上部の鋼製ロープを支持するガイサポートの手すりに専用アンテナとルーターを設置し、高さ100mの施工フロアでStarlinkの通信感度を確認しました。1ヶ月の実証期間の中で、タワークレーンの旋回時や、豪雨・強風などの悪天候時の通信状況を検証し、最大220Mbpsの高速通信環境を安定的に維持できることを確認した。同社は今後、同手法を国内の超高層ビルの建設現場に広く展開し、デジタル化を促進していく考えである。(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■大会関連株からメディア、スポーツ関連株まで幅広い分野で機会  パリ五輪は、競技内容の盛り上がり、…
  2. ■FOMCと日銀金融政策会合、7月の同時開催でマーケット注視  本当に「ハト派」なのか、それとも「…
  3. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  4. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る