英国宇宙庁がispaceを含む国際的な月探査プロジェクトへの資金提供を発表

■ispaceは英国宇宙庁の新たな資金提供計画を歓迎

 英国宇宙庁は2月14日に、月・火星・金星への国際的探査における英国の役割を強化するため、ispaceを含む複数のプロジェクトへの資金提供を発表した。ispaceはこの発表を歓迎し、英国宇宙庁が将来的な月でのISRU活動の可能性と重要性を示していると捉えている。また、ispace EUROPE S.A.はレスター大学とのペイロード輸送サービス契約締結に向けた交渉を継続中である。

 ispace代表取締役CEOの袴田武史は、シスルナ経済圏の構築に向けた活動を続けており、今回の資金提供を通じて、英国宇宙庁が月探査における英国の役割を強化する意志を示したことを嬉しく思うとコメント。さらに、レスター大学と協力し、将来的な月探査ミッションを支える新技術の輸送に取り組むことの重要性を強調した。

 ispaceは、「Expand our planet. Expand our future.」をビジョンに掲げ、月面資源開発に取り組む宇宙スタートアップ企業である。2010年設立以来、月への高頻度かつ低コストの輸送サービスを提供し、2022年12月にはSpaceXのFalcon 9を使用してミッション1のランダーを打ち上げた。今後のミッションでは、NASAの「アルテミス計画」にも貢献する計画である。(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■テレワークとオフィスワークの融合でイノベーション創出を目指す  エキサイトホールディングス(エキ…
  2. ■内閣府発注の大型プロジェクトを15億3800万円で落札  QPS研究所<5595>(東証グロース…
  3. ■働く車や人気キャラクターのおもちゃで、考える力、社会性、創造性を育む  日本マクドナルドホールデ…
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. ■定番銘柄からクレジット株まで、幅広い投資チャンス  今週の当コラムは、主力株の方向感が、米国市場…
  2. ■経済波及効果は限定的?100兆円の「タンス預金」の行方  カウントダウンが始まる頃合いだ。Xデー…
  3. ■株式分割銘柄19社、権利確定迫る!ダブル・トリプル還元策も期待  今週のコラムは、株式分割銘柄に…
  4. ■上場企業、株主還元策でサバイバル競争!  株主還元策の大盤振舞いである。5月15日にほぼ一巡した…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る