シンクロ・フード、「飲食店ドットコム」が生成型AIを活用したサービスを開発、CTO直下に「GPTプロジェクトチーム」を新設

■AI技術を活用した飲食店の業務効率化革命

 シンクロ・フード<3963>(東証プライム)は4月21日、最新テクノロジーを活用したサービス利用・開発に取り組む「GPTプロジェクトチーム」を2023年4月から新設したと発表。CTO直下に若手メンバー中心に組織化、社内業務への活用から着手し、人手不足が深刻な飲食店の生産性向上を図るサービス開発にチャレンジする。

 これまで以上に、飲食業界にチャレンジする人を応援し、飲食業界を盛り上げるサービス開発を強化していくことで、今後の更なるユーザー価値向上と企業価値の最大化を目指していく。

■背景:生成型AI技術を活用して飲食店の業務効率化へ

 同社が運営する飲食店運営支援プラットフォーム「飲食店ドットコム」は、2003年のサービス開始以来、飲食店開業・運営がよりスムーズ・フェアになるよう、時々のテクノロジーを利用して機能強化を図ってきた。

 コロナ禍を経て、人材不足が深刻化する飲食業界では、人材確保・生産性の向上は喫緊の課題となっている。急速に発展するChatGPT等の生成型AI技術を活用し、飲食店の業務効率化・負荷削減を推進していく。

■検討予定テーマ

 まずは社内業務への活用から始め、サービス適用を検討していく。

(1)メールサービス原稿作成サポート

 同社では、「飲食店ドットコム」に登録するユーザー(26万件超)に対して、メールによって日々、飲食店開業・運営に役立つ情報を配信し、好評を得ている。これまでの配信結果データを参考に、メールクオリティ向上・文書作成効率向上を図っていく。

(2)求人原稿/スカウト文面/Web履歴書 作成サポート

 同社が提供するNo.1飲食専門求人サイト「求人飲食店ドットコム」では、個人経営のお店・多店舗展開中の成長企業等、他にはないオリジナル求人と、飲食店経験者・希望者を多数マッチングしている。サービス開始以来蓄積してきた、5万件の掲載店舗と25万人の求職者会員のマッチングデータを生かし、飲食店にはよりお店の魅力が伝わる原稿作成サポートやスカウト文面の作成サポート、求職者には自分の強みがより伝わる履歴書作成サポートの強化を図っていく。

(3)店舗内装相談チャット

 同社が提供する「店舗デザイン.COM」では、これまで多くの飲食店から店舗内装の相談をもらい、設計施工会社とのマッチングに繋げてきた。そのノウハウを活用し、初めて開業するユーザーに対しても適切な情報提供、状況ヒアリングを行い、双方の満足度が高まるマッチングが実施できるようサービス開発を目指していく。

(4)集客業務サポート

 同社が提供する「飲食店ドットコム」は、多数の飲食店経営者の方に利用され、多様な店舗情報を保持している。その情報と生成型AIを活用し、通常の店舗営業に追われて対応できていない、グルメ媒体SNS等の消費者向け集客活動の支援を行うツール作成等を検討する。

【CTO 大久保 俊氏のコメント】

 飲食業界では依然として人材不足・原料高の問題によって厳しい状況が続いているが、成長著しいChatGPT等の生成型AIを飲食業界に活用することで、飲食業界全体の生産性向上に繋がると信じている。飲食業界はITと離れたリアルな現場も多いため、生成型AIの適用難易度が高い領域もあると思うが、今回発足したプロジェクトチームにて検討や実験を繰り返し、飲食業界への適用を進めていく。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■大会関連株からメディア、スポーツ関連株まで幅広い分野で機会  パリ五輪は、競技内容の盛り上がり、…
  2. ■FOMCと日銀金融政策会合、7月の同時開催でマーケット注視  本当に「ハト派」なのか、それとも「…
  3. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  4. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る