ティアンドエスは「JAXAとの取引決定」に注目と期待集まり大きく出直る

■政府がJAXAを通じ宇宙開発1兆円を企業などに支援の報道も拍車

 ティアンドエス<4055>(東証グロース)は11月21日、大きく出直る相場となり、午前9時50分にかけて19%高の3020円(486円高)まで上げ、今年8月1日以来の3000円台を回復している。AIソフトウェア開発やシステム保守・運用などを行い、20日に「JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)との取引が決定」と発表して注目された上、21日には、「宇宙開発1兆円支援、JAXA通じ企業・大学に」(日本経済新聞11月21日付朝刊)と伝えられたため、思惑買いや連想買いが強まったとの見方が出ている。

 JAXAとの取引は、発表によると、「当社の持つAI関連技術を利用したソリューションの提供を行うこと」に関する受注で、「詳細については非開示」としたが、「来期の業績予想には織り込む予定」とした。業績への寄与などに期待を持たせる内容だとの受け止め方が出ていた。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1.  JR東海(東海旅客鉄道)<9022>(東証プライム)は16日、2050年カーボンニュートラルの実現…
  2. ■関西エアポートとPPA(電力購入契約)を締結  オリックス<8591>(東証プライム)は15日、…
  3. ■月5万円から始める「リアルすぎる」1億円の作り方を具体的に示す実践的なノウハウが満載  YouT…
2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ピックアップ記事

  1. ■割安な「01銘柄」を新NISAで買いたい  新NISA(少額投資非課税制度)が来年1月からスター…
  2. ■新NISAに向けて「01銘柄」を見直そう!  「01銘柄」は、「経団連銘柄」の真正01銘柄か、コ…
  3. ■「ファイト イッパツ!」の大正製薬HDが非公開化へ、最高のMBO価格に隠された伏線とは  大正製…
  4. ■ダブルボトム水準で期末の増配権利取りが交錯  東京ソワール<8040>(東証スタンダード)は、前…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る