【ミロク情報サービス】会計事務所・企業など対象の「会計事務所白書2023」デジタル化に関する意識調査の結果を公開

■会計業務の効率化に期待するものの、制度や技術の理解や人材の確保が課題

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東証プライム)は、「会計事務所白書2023・デジタル化に関する意識調査」を実施し、その結果を「会計事務所白書2023」として公開した。デジタル化の動きが加速する中、会計事務所と企業・事業主の課題や期待はどのように変化しているのだろうか。

 調査は、会計事務所272名と企業・事業主508名の合計780名を対象に、DX、AI、電子帳簿保存法、インボイス制度に関する質問をインターネットで行った。調査の要旨は以下のとおりである。

■AIによる「仕訳業務」や「経理処理」の効率化を期待

 まず、デジタル化の課題については、会計事務所と企業・事業主ともに「データの連携や統合」が最多となった。また、会計事務所では「ITに強い人材の確保」、企業・事業主では「従業員のスキルアップ」も多く挙げられた。デジタル化には人的な要素も重要であることが示唆される。

 次に、AIで効率化できる業務については、会計事務所では「仕訳業務」が68%で最多となり、企業・事業主では「経理処理」が49%で最多となった。会計業務に対しては、AIの活用による効率化や正確性の向上が期待されていることがわかる。一方、ITに強い人材の確保については、会計事務所では「いない」が66%と圧倒的に多く、企業・事業主では「いる」が56%と半数以上となった。会計事務所と企業・事業主でITに強い人材の有無に大きな差があることが明らかになった。

■2024年1月義務化の電子取引データ保存には「これから対応」が30%以上

 さらに、電子帳簿保存法の電子取引データ保存やインボイス制度に関しては、2024年1月からの義務化に向けて、会計事務所と企業・事業主ともに「これから対応する」が30%以上となった。対応が進まない理由としては、「制度に対する理解不足」が最多となった。また、対応による業務の効率化の状況については、「きっかけにならなかった」「わからない」が7割を超えており、効率化は限定的であることが分かった。

 このように、デジタル化に関する意識調査の結果からは、会計事務所と企業・事業主の課題や期待、対応の状況などが明らかになった。デジタル化の流れに適応するためには、制度や技術の理解と人材の育成が必要であることが示された。(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■バンダイナムコの情報発信基地  バンダイナムコホールディングス<7832>(東証プライム)は3月…
  2. ■セブン‐イレブン松戸常盤平駅前店をリニューアル  セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東…
  3. ■新型コロナウイルス感染症や能登半島地震の影響で業績悪化した銘柄が反発  今週の当コラムでは、株価…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  2. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…
  3. ■「2.0相場」の幕開けに向けた市場の潮流  「2024年問題」は、Xデーの4月1日を前に新聞、テ…
  4. ■「2024年問題」を超える新たな株価ストーリーの幕開け  「理想で買って現実で売る」といえば、株…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る