インテリジェント ウェイブとPKSHA、カード発行会社間で不正データシェアリングを初実現する「FARIS 共同スコアリングサービス Powered by PKSHA Security」を共同開発

■業界全体の対策強化へ

 インテリジェント ウェイブ(IWI)<4847>(東証プライム)、PKSHA Technologyは11月1日、カード不正データシェアリングにより不正を防止できる「FARIS 共同スコアリングサービス Powered by PKSHA Security」を共同開発し、2023年6月の本番稼働に向け、順次カード業界全体へ展開していく。

【FARIS 共同スコアリングサービス開発の背景】

 クレジットカード不正利用による被害は年々増え続けており、日本クレジット協会によれば、不正利用額は2022年1~6月の半年間で約206億円、過去最悪であった2021年の年間不正利用額は330億円と増加が続いている。昨今、そうしたカード不正に対して、各取引に点数を付与し、不審な取引を検知するスコアリングといった方式を採用するカード会社が増えている。

 従来、「不正である確率の高さ」のスコアリングをはじめとするカード不正利用対策はカード会社ごとに行われている。そのため、個社で検知した不正手口しか学習することができない。巧妙化する不正手口に対し、そうした各社の対策では限界がある。カードの不正利用という犯罪には、カード業界が一体となって対策をすることが不可欠。

 そうした背景から、IWIとPKSHAは、カード不正手口に関する企業様間でのデータシェアリングを実現し、不正を防止できる不正検知サービス「FARIS 共同スコアリングサービス Powered by PKSHA Security」を共同で開発し、キャッシュレス社会におけるカード不正利用への対策をより一層強化していくことを決定した。

【IWIとPKSHAのパートナーシップについて】

 今回のサービス開発にあたって、豊富な不正検知システム導入実績とスコアモデルの共同化を可能にするサービス基盤(SaaS型の不正検知システム「IFINDS」)を持つIWIと、クレジットカード発行業者(イシュア)向け不正検知スコアリングにおける国内トップシェアの実績を持つPKSHAが協業することで今回のパートナーシップが実現した。

【FARIS 共同スコアリングサービスの特長】各社の不正データシェアリングにより被害を30%削減

・各社間での不正データシェアリングによる被害の防止
これまで個社ごとに対応していた新しい不正手口のデータが導入企業様間で共有されることで、導入企業全体でより多くのカード不正利用の被害を防ぐことができる。実際に複数のカード会社様で同サービスのPoCを行ったところ、既存の運用方式と比べ不正利用被害が平均30%程度削減されている。

・導入社数が増えていくことで、カード不正の検知精度が上がる
先述のとおり、共同スコアリングによって、他社で起こった不正も自社の対策強化のための情報として学習できるので、導入企業様が増えていくことで不正利用の検知精度が向上していく。

・スコアリングシステムの分析担当者の負荷軽減
AIモデルを利用するスコアリングでは、精度や品質を保つためにAIの分析が必要。同サービスでは、スコアリングの分析業務はIWIが行うので、それらの分析にかかっていた担当者の負荷を軽減することができる。

 なお、同技術は、ジェーシービーとIWIが先日発表した「JCBとIWI、業界初となる横断的なクレジットカード不正利用対策に向けた協業へ」における、カード不正対策の共通基盤を支える技術として活用予定。こうした取組みから、IWIとPKSHAは国内の不正対策強化を促進していくとしている。

【インテリジェント ウェイブ(IWI)について】

 IWIは、24時間365日止まらない決済システムの提供者として、カード決済におけるネットワーク接続、認証システムや不正利用検知システムを開発し、顧客の信頼を得てきた。「次代の情報化社会の安全性と利便性を創出する」を経営理念に、高速、安全、高品質で利便性の高いIT基盤を提供することにより、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援していく。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■大会関連株からメディア、スポーツ関連株まで幅広い分野で機会  パリ五輪は、競技内容の盛り上がり、…
  2. ■FOMCと日銀金融政策会合、7月の同時開催でマーケット注視  本当に「ハト派」なのか、それとも「…
  3. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  4. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る