【株式市場】日経平均は393円高、3日続伸し12月19日以来の2万7000円台、後場は年初から快調だった鉄鋼、海運が一服

株式市場 証券取引所

◆日経平均は2万7299円19銭(393円15銭高)、TOPIXは1972.92ポイント(27.54ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は11億1923万株

 1月24日(火)後場の東京株式市場は、年初から安かった日が3日だけと連騰してきた日本製鉄<5401>(東証プライム)が取引開始後に一気に値を消して軟調転換し、同じく4日だけだった日本郵船<9101>(東証プライム)も13時前には軟調に転換、年初からのリード役に利食いの雰囲気が漂い、前場活況高のレーザーテック<6920>(東証プライム)なども高値もみ合いに転じた。一方、三井不<8801>(東証プライム)やみずほFG<8411>(東証プライム)は一段ジリ高となった。日経平均は465円高で始まり、13時前の474円96銭高(2万7381円ちょうど)を上値に一進一退となり、大引けは伸び悩んだが大きく上げたまま3日続伸。終値での2万7000円台は2022年12月19日以来となった。

 後場は、メルコホールディングス<6676>(東証プライム)が一段高となり子会社シマダヤ株式の上場準備と現物配当による交付など好感。マーキュリアホールディングス<7347>(東証プライム)は12月決算と今期予想への期待再燃とされ再び急伸。ナカボーテック<1787>(東証スタンダード)は業績・配当予想の増額修正が好感され大引けまで買い気配のままストップ高で推移。パシフィックネット<3021>(東証スタンダード)はWindows8.1の延長サポートの2023年1月10日終了など材料視され一段と出直り拡大。

 東証プライム市場の出来高概算は11億1923万株(前引けは5億4614万株)、売買代金は2兆8345億円(同1兆4243億円)。プライム上場1837銘柄のうち、値上がり銘柄数は1468(前引けは1490)銘柄、値下がり銘柄数は312(同287)銘柄。

 東証33業種別指数は31業種(前引けは全33業種)が値上がりし、値下がりは鉄鋼、海運。一方、値上がり率上位は、機械、精密機器、金属製品、銀行、保険、情報通信、電気機器、卸売り、ゴム製品、ガラス土石、輸送用機器、サービス、非鉄金属、石油石炭、食糧品、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■グローバルモデルに匹敵する日本語対応の高性能生成AIを4月から順次提供  ELYZAとKDDI<…
  2. ■優勝への軌跡と名将の言葉  学研ホールディングス<9470>(東証プライム)は3月14日、阪神タ…
  3. ■新たな映画プロジェクトを発表  任天堂は3月10日、イルミネーション(本社:米国カリフォルニア州…
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ピックアップ記事

  1. ■海運株と防衛関連株、原油価格の動向に注目集まる  地政学リスクによる市場の不安定さが増す中、安全…
  2. ■中東緊張と市場動向:投資家の選択は?  「遠い戦争は買い」とするのが、投資セオリーとされてきた。…
  3. ■節約志向が市場を動かす?  日本の消費者は、節約志向と低価格志向を持続しており、これが市場に影響…
  4. ■投資家の心理を揺さぶる相場の波  日米の高速エレベーター相場は、日替わりで上り下りと忙しい。とく…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る