イトーキ、オープンスペースでスピーカー音を気にせず気軽にWeb会議ができるボックス型ソファ(サウンドソファ)」を発売

■座ると聞こえる新しい体験!? “sound furniture series”第二弾

 イトーキ<7972>(東証プライム)は2023年11月1日(水)から、オープンスペースでスピーカー音を気にせず気軽にWeb会議ができるボックス型ソファ「sound sofa(サウンドソファ)」を発売すると発表。

 同製品は2023年4月に出展した「オルガテック東京2023」で大好評で、コメント等をもとにブラッシュアップを重ね、発売を迎えた。なお、2023年9月27日(水)~29日(金)に幕張メッセで開催される「第12回 働き方改革 EXPO(秋)」にも出展予定である。

■開発背景

 ハイブリッドワークが主流となった現在、出社率の増加に伴い、オフィス内でのWeb会議の頻度が高まっている。会議室だけでなくオープンスペースでも日常的にWeb会議が行われるようになり、オープンスペースでのミーティング席も増加傾向にある。一方でオープンスペースでのWeb会議は、周囲への音漏れや雑音の混入など「音」に関する問題が顕在化している。

 イトーキでは、これらの音問題を解決するスマートオフィス製品“sound furniture series”の開発を進めてきた。2022年秋には第一弾として、オープンスペースでも周囲を気にせずWeb会議ができるミーティングテーブル「sound parasol(サウンドパラソル)」を発売。今回は第二弾として、ボックス型ソファ「sound sofa(サウンドソファ)」を発売する。AV/ICT機器とオフィス家具を組み合わせることで、オープンスペースにおける快適で創造的なWeb会議を実現する。

■主な特徴

(1)座ると聞こえる新しい体験

 音響機器メーカーのヤマハが開発した指向性スピーカーを採用することにより、Web会議のスピーカー音を最適な範囲にコントロールし、周囲への音漏れを抑えながら、座っている人にはクリアに聞こえる。オープンスペースでのWeb会議において、使う人と周囲の人、双方に快適な新しいボックス型ソファである。

 吸音性能の高い素材・構造で囲われた空間で、リモートの参加者にオフィス側のノイズ音が伝わりにくくなっている。さらに、テーブル中央に設置したヤマハの収音範囲制限機能を有したマイクを採用し、半径1m以上離れた音声を減衰して集音するのでオフィス側の音声が聞き取りやすくリモートの参加者に届き、リモート側にとってもオープンスペースでの快適なWeb会議が可能である。

(2)快適な座り心地とWeb会議環境を実現する「傾斜」の工夫

 一般的なボックス型ソファは直線的な構造で作られているものが多いであるが、同製品はイトーキのタスクチェア開発などの知見を活かし、最適なソファの背座の角度やクッションの硬さで設計することで、快適な座り心地を実現している。Web会議はもちろん、通常の打ち合わせでも楽な姿勢で利用できる。また、背もたれや座面の適切な傾斜により、ソファに着座するだけで自然と耳の位置がスピーカーへ接近する姿勢へと誘導し、音が聞えやすくなる。

 さらに、ソファはモニターに対して2度斜めに設置、テーブルもそれに合わせて台形になっていることで、オフィス側の参加者はディスプレイを見やすく、web用カメラにも映りやすくなっている。これにより通路側に音がより漏れにくい工夫もされている。

(3)分かりやすい配線システムで誰もが使いやすく

 Web会議を開始する際に接続に手間取ることがあると、接続や操作方法が難しいというイメージを持たれがちである。サウンドソファで使用する機器は、PCにUSBケーブルとHDMIテーブルを差し込み、デバイスを選択するだけで、簡単に使用することができる。また、複数のデバイスからのケーブルはサウンドソファ内で処理し電源ケーブル1本で使用できる。

(4)空間に合わせて仕様を選択できるバリエーション

 様々なオフィスにレイアウトしやすいよう、豊富なバリエーションを設定した。テーブルの奥に位置するセンターパネルの高さについては、より籠もり感がありオフィスの中心で使いやすい「セミクローズタイプ」と、抜け感があり窓際でレイアウトしやすい「オープンタイプ」を用意している。天板は7色、脚部は5色、パネル、ソファの張地は8つのカラーセットを設定し、合計560通りの選択肢から選べる。

 “sound furniture series”として、「sound parasol(サウンドパラソル)」と「sound sofa(サウンドソファ)」を合わせてご利用することで、音声に配慮した多様なオープンミーティングスペースを形成できる。

■製品概要

名称=sound sofa(サウンドソファ)
仕様=テーブル天板:メラミン化粧板/アクリル化粧板/リノリウム
 テーブル脚フレーム:スチール塗装仕上
 ソファ:背座布地張り
 パネル:不織布
 スピーカー:再生周波数(応答周波数)650Hz~13,500Hz、最大音圧81dB SPL(ピン クノイズ、1m)、指向特性 水平30°垂直45°
 マイク:マイクユニット単一指向性×3、収音範囲 1m以内
 カメラ:画角水平150°
 ディスプレイ:32型
種類=セミクローズタイプ:W2400×D1800×H1400
 オープンタイプ:W2400×D1800×H1400(センターパネルH780)
価格=オープン価格
(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■テレワークとオフィスワークの融合でイノベーション創出を目指す  エキサイトホールディングス(エキ…
  2. ■内閣府発注の大型プロジェクトを15億3800万円で落札  QPS研究所<5595>(東証グロース…
  3. ■働く車や人気キャラクターのおもちゃで、考える力、社会性、創造性を育む  日本マクドナルドホールデ…
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ピックアップ記事

  1. ■株式分割銘柄19社、権利確定迫る!ダブル・トリプル還元策も期待  今週のコラムは、株式分割銘柄に…
  2. ■上場企業、株主還元策でサバイバル競争!  株主還元策の大盤振舞いである。5月15日にほぼ一巡した…
  3. ■高額品・ブランド品株、不動産株、証券株が狙い目!  今週の当コラムは、円安・ドル高メリット株に注…
  4. ■まさか「円安不況」?!「安いニッポン」買い関連株は順張り・逆張りともダブル選択肢  「短期は需給…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る