【話題】減額のファナック2万円割る、決算発表本格化に水を差す

株式市場

話題 日経平均採用主力のファナック<6954>(東1・売買単位100株)が大きく下げ、今年2月以来ほぼ半年ぶりに2万の大台を割り、NYダウ急伸で期待された今日の相場に冷水を浴びせる展開となった。

 28日に発表の16年3月期・第1四半期決算において通期の利益を下方修正した。通期の営業利益は従来予想では2646億円だったが2182億円へ修正、前期比で26.7%減益と減益幅を拡大、1株利益でも従来予想の977.2円が815.2円となる。

 マーケットでは、「企業業績全般に対し第1四半期への期待が強かっただけに一気に企業業績へ警戒感が強まった」(中堅証券)という。

 ファナックの年初来安値は1万8705円(1月16日)でここからは押し目買いの入ることは予想される。ただ、これから主力株の決算発表が本格化するだけに企業業績への警戒感が強まり夏相場は不発となる可能性もありそうだ。

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■月5万円から始める「リアルすぎる」1億円の作り方を具体的に示す実践的なノウハウが満載  YouT…
  2. ■月面での水掘削を想定した自動遠隔施工の実証実験に成功 鹿島<1812>(東証プライム)、JAXA…
  3. ■V字回復し株価感応度もリスクオンとなった3つのセクター株に注目  今週の当コラムでは、すでに業績…
2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ピックアップ記事

  1. ■ダブルボトム水準で期末の増配権利取りが交錯  東京ソワール<8040>(東証スタンダード)は、前…
  2. ■「餅代稼ぎ」、「ミルク稼ぎ」、「掉尾の一振」の師走リベンジ相場に期待  師走相場は、大蔵ざらえの…
  3.  11月24日のブラックフライデーをターニングポイントに、米国ではクリスマスラリー、日本では師走相場…
  4. ■半導体設備投資関連で空調計装事業が好調  日本電技<1723>(東証スタンダード)は、このところ…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る