JPホールディングスグループ、日本予防歯科学会監修「こどものための予防歯科」イベントを初開催

■虫歯予防の知識を身につけ、自分の歯を守る大切さを学ぶ

 子育て支援最大手JPホールディングス<2749>(東証プライム)のグループ企業の日本保育サービスが大阪府大阪市で運営するアスクうちんだい保育園とアスク南堀江保育園にて、日本予防歯科学会監修「こどものための予防歯科」イベントを1月19日・23日に開催した。日本予防歯科学会と同社グループの連携によるイベントは初の試みである。

 同社グループが運営する保育園では、地域の歯科医が嘱託医となり、それぞれの園で歯科検診を実施している。この度、日本予防歯科学会より、検診から一歩進んで、こどもたち自らが虫歯予防を学ぶ取り組みをご提案いただき、イベントを実施することとなった。

■「自分の歯を大切にしよう」という気持ちを育む

 今回のイベントは、2歳児クラスから5歳児クラスのこどもたちが参加した。講師は、予防歯科を学んでいる大学生ボランティアたちである。日本予防歯科学会監修のもと、手遊びやイラスト、動画など、各年齢に応じて工夫されたプログラムを用意してくれた。

 イベントが始まると、どの年齢のこどもたちも、「ばいきんだ!」「歯みがきするー!」と興味を持って話を聞いていた。5歳児クラスの回では、きれいな歯並びと正しい座り方が関係していることを教えてくれ、こどもたちは姿勢を正して話を聞いていた。

 イベントが終わって園長たちは、「こどもたちが理解しやすいように工夫がされていて、とても楽しいイベントだった。」「イベント後、こどもたちが『姿勢よくしないとあかんねんで』『歯のお話面白かった』と保育士に伝えてくれ、楽しんでいた様子が見られた。」と語っており、今回のイベント開催が、こどもたちが自分の歯を守る大切さを知る機会となった。

【一般社団法人 日本予防歯科学会のコメント】

 同学会は生活者に予防歯科からはじまる健康の大切さを知っていただく事を第一の目標とし活動をしております。その中でも日本の未来を担うこどもたちに対して、自分の歯を大切にしてむし歯にならないようにする事だけでなく、お口が正しく成長するために大切な呼吸や姿勢、普段より心がける事について、こどもたちに伝えることができる機会は非常に価値のあるものだと思いる。予防歯科はこどもたちには少々難しいであるが、保護者や先生方との対話でこじみた話がされると、少しずつ意識するようになるのではと思いる。こじみた幼児教育の現場から情報を発信することは大切であると考えております。

 JPホールディングスグループでは、今後もこどもたちの健康を守る取り組みを実施し、健やかな成長をサポートしていくとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■大会関連株からメディア、スポーツ関連株まで幅広い分野で機会  パリ五輪は、競技内容の盛り上がり、…
  2. ■FOMCと日銀金融政策会合、7月の同時開催でマーケット注視  本当に「ハト派」なのか、それとも「…
  3. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  4. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る