【株式市場】日経平均は96円高で2日続伸だが後場伸び悩みTOPIXは小反落

◆日経平均は3万9134円79銭(96円63銭高)、TOPIXは2776.80ポイント(5.69ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は13億7719万株

 6月11日(火)後場の東京株式市場は、前場の円安基調が鈍化傾向となりトヨタ<7203>(東証プライム)などの自動車株に値を消す銘柄が多く、日本郵船<9101>(東証プライム)などの海運株や大手商社の一角も下げて始まりパレスチナの新たな停戦案を受けて運賃正常化の予想など影響の様子。一方、三菱重<7011>(東証プライム)は一段と強含み株主還元策に加えて日米防衛装備会合に関する報道も材料視。日経平均は13時頃にかけて再び強張り上げ幅200円台で推移したが、次第にダレ気味となり大引けは2日続伸だが上げ幅90円台にとどまった。

 後場は、東和薬品<4553>(東証プライム)が一段と上げて出直りを強め中期計画など好感。伊勢化学<4107>(東証スタンダード)も一段と上げ政府主導の曲がる太陽電池戦略への期待など再燃。新都ホールディングス<2776>(東証スタンダード)も一段と上げ政府主導の「都市鉱山」開発などへの期待再燃。リッジアイ<5572>(東証グロース)は業績予想の増額が好感されて一段と上げストップ高。AHCグループ<7083>(東証グロース)は保険福祉系ベンチャーとの提携・出資を好感する相場の調整一巡とされ2日続けて大幅出直り。シンバイオ薬<4582>(東証グロース)は新薬候補の臨床試験結果に関する発表を受けてストップ高。

 新規上場のD&Mカンパニー<189A>(東証グロース)は1308円(公開価格1000円の31%高)で初値をつけ、高値は前場の1362円(同36%高)。後場は売買交錯となり大引けは1186円だった。

 東証プライム市場の出来高概算は13億7719万株(前引けは6億5465万株)、売買代金は3兆5423億円(同1兆7438億円)。プライム上場1646銘柄のうち、値上がり銘柄数は557(前引けは747)銘柄、値下がり銘柄数は1019(同815)銘柄。

 東証33業種別指数は10業種(前引けは21業種)が値上がりし、値上がりし率上位は、機械、精密機器、非鉄金属、パルプ紙、石油石炭、ガラス土石、小売り、鉱業、その他金融、保険、が高い。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■大会関連株からメディア、スポーツ関連株まで幅広い分野で機会  パリ五輪は、競技内容の盛り上がり、…
  2. ■FOMCと日銀金融政策会合、7月の同時開催でマーケット注視  本当に「ハト派」なのか、それとも「…
  3. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  4. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る