【ペットフード市場:富士経済調べ】2023年に11.9%増の4754億円、キャットフードやスナックが好調

■価格改定が後押し、キャットフードとスナックが市場拡大を牽引

 総合マーケティングビジネスの富士経済は、新規飼育頭数の減少、ペット寿命の延伸、各種コスト高騰を背景とした価格改定、ペット家族化の進展、新たな給餌や各種ケアの習慣化など、取り巻く環境の変化が著しいペット関連市場の調査結果を発表した。

 国内のペットフード市場は2023年に前年比11.9%増の4754億円に達した。原材料費や物流費の高騰に伴う大幅な価格改定が市場の成長を後押しした。特に、ドッグフードやキャットフード、猫用スナックといった主要カテゴリが高い伸びを示し、市場を牽引している。また、ペット保険の加入者が増加したことも動物病院での療法食の需要を押し上げ、全体の市場拡大に貢献している。

■ペットケア用品市場、消耗品の猫砂やトイレ用シーツが拡大

 ペットケア用品市場も2023年に価格改定が実施されたことにより拡大した。猫砂やトイレ用シーツなどの室内飼育必需品が伸長したが、各種物価高によりペットオーナーの節約志向が強まり、安価なプライベートブランド(PB)への需要も見られる。ペット生活用品市場は、コロナ禍に高価な高付加価値製品が多く販売されたが、2023年は節約志向の高まりにより低価格品へのシフトが見られ、全体的には横ばいとなった。

■ペット関連ビジネス、1兆5000億円超の市場規模に成長

 ペット関連ビジネス市場は2023年に1兆5000億円を超えた。生体市場は価格の低下や数量減少で縮小したが、動物用医薬品やペット関連サービスは横ばいで推移した。ペット保険市場は依然としてオンライン経由の新規契約が活況であり、2023年の保険契約件数は320.7万件、前年比8.4%増となった。今後も低価格保険の増加や治療費の高額化により市場は拡大するが、動物愛護法改正によるペットショップの減少やペットの高齢化による厳しい市場環境が予想される。(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■大会関連株からメディア、スポーツ関連株まで幅広い分野で機会  パリ五輪は、競技内容の盛り上がり、…
  2. ■FOMCと日銀金融政策会合、7月の同時開催でマーケット注視  本当に「ハト派」なのか、それとも「…
  3. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  4. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る