立花エレテックの前3月期連結決算は売上高、営業・経常益が最高を更新

■今期は米中貿易摩擦などで海外は減収予想だが連続最高益を計画

 立花エレテック<8159>(東1)が5月14日に発表した2019年3月期の連結業績は、製造業の設備投資、特に半導体製造装置関連、および自動車関連の投資を取り込み、売上高、営業利益、経常利益が過去最高を更新し、売上高は前期比2.6%増加して1828.75億円となり、営業利益は同3.1%増加して65.96億円となった。親会社株主に帰属する当期純利益は同8.1%増加して49.06億円となり、最高だった15年3月期の54億円に迫った。

■生産ラインや産ロボなどのM2M(機械間通信)ビジネスを強力推進

 FAシステム事業の売上高は107、23億円(前期比3.1%増)となり、同事業の営業利益は48.34億円(前期比2.6%増)となった。半導体デバイス事業の売上高は540.77億円(前期比1.3%減)となり事業営業利益は16億円(前期比1.0%増)となった。

■創立100周年を迎える2021年に向けAI・IoTに注力

 同社は現在、創立100周年を迎える2021年3月期を最終年度とする6ヵ年の中長期経営計画「C.C.J2200」(2016年3月期が初年度)を推進しており、18年3月期以降は、その本格的な刈り取り期と位置づけている。AI(人工知能)・IoT(モノのインターネット)時代に向け、ロボットを含む製造ラインや設備機械を機能的に連動させるM2M(機械間通信)ビジネスを強力に推進してきた。

 こうした展開を強め、更なるグループシナジーを追求する事を目的として、国内子会社の(株)高木商会を19年2月に完全子会社化した。また、同じく子会社の(株)テクネットについては、商流合理化のため、その商権を三重支店に移管し解散した。

 今期の連結業績見通しは、米中貿易摩擦等の影響を受けて、中国を中心に先行きは不透明な状況が続くものとの前提に立ち、海外子会社は減収を見込むとし、売上高は1830億円(19年3月期比0.1%の増加)とし、営業利益は67.20億円(同1.9%増)とした。連続最高を更新する。一方、親会社株主に帰属する当期利益は、前期に政策保有株式の売却益があったことの反動があり48.60億円(同0.9%減)、1株利益は192円56銭の見込みとした。(HC)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■4月雇用は予想を下回り、長期金利低下しNY株価は上昇  米国労働省が発表した4月雇用統計だが、景…
  2. ■3社一体で目指すエンターテインメントの新たなステージ  福岡ソフトバンクホークスの本拠地「福岡ド…
  3. ■暖冬、寒波、曇天が招いた『収穫量激減』、物流コスト上昇が追い打ち!  農業総合研究所<3541>…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  2. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…
  3. ■大手重工から宇宙ベンチャーまで関連株に注目  宇宙産業は、政府の強力な政策支援を受け、2030年…
  4. ■2030年代に8兆円市場へ、政策支援も追い風に  今週の当コラムは、不真面目とお叱りを受けるのを…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る