ケンコーマヨネーズは2023年春夏向け新商品10品を2月に発売、日本と世界へ!食の楽しさ・可能性を伝えるラインナップ

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東証プライム)は1月27日、マヨネーズ・ドレッシング・ソース類、サラダ・総菜類、ア・ラ・カルトの2023年春夏向け新商品計10品(形態違いを含む)を2月1日(水)と2月15日(水)に発売すると発表。

 世界情勢や食を取り巻く環境の変化に応じ、日本国内や世界へ食の楽しさと可能性を伝える商品を開発した。人気の世界の料理をソースで手軽に楽しめる商品や、日本では定番の味わいで海外でも好まれるテイストの商品、多様化する食のニーズへの対応や、人気シリーズの新アイテムなどを展開し、食市場の活性化を図っていく。いずれも使い切りやすく食品ロスの削減にもつながる小容量形態。

 新商品10品を使用したメニューを約200用意し、外食や量販店、ベーカリーなどの各業態に向けて、きめ細かな提案を行っている。また、業務用の顧客だけでなく、ECサイトやドラッグストア、生協など幅広い販路から一般消費者の方へも訴求する。

【Pick UP!】

■ハニーバターソース

 同社の人気商品『ガーリックバターソース』、『バターソース』に続く、バターソース系の新規ラインナップ。コロナ禍においても人気の高い韓国グルメでも注目された、甘いはちみつとしょっぱいバターを合わせた“ハニーバター”のテイストに着目した。バターとはちみつを混ぜる手間なく、かける、塗る、和える、焼くなど幅広い用途で手軽に「ハニバタ TM」が楽しめる。なめらかな液状で冷蔵しても固まらないため使い勝手も抜群。

■大豆ミートのサラダ/大豆でつくったカスタードフィリング

 乳製品や卵、肉類を使わず、植物性原料を中心に仕上げたブランド「HAPPY‼ with VEGE」の新アイテム。これまでの同社プラントベース商品にない、スライス状の大豆ミートを使用したシンプルなサラダと、大豆や豆乳をメインに使用した甘いカスタードフィリングの2品を追加し、ラインナップを拡充。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1.  森永製菓<2201>(東証プライム)は2月5日、ソフトキャンディ「ハイチュウ」のブランドロゴを英語…
  2. ■1998年デビュー以来、初のブランド刷新  グンゼ<3002>(東証プライム)は2月5日、199…
  3. ■運転中の不安を解消する「イルヨ」  日産自動車<7201>(東証プライム)と赤ちゃん本舗は31日…
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

ピックアップ記事

  1. ■新型コロナウイルス感染症や能登半島地震の影響で業績悪化した銘柄が反発  今週の当コラムでは、株価…
  2. ■34年ぶりの最高値更新から目が離せない敗者復活戦  3連休前の22日は、もちろん「金曜日の引けピ…
  3. ■株式分割ラッシュで狙うべき6銘柄!業績上方修正や増配も見逃せない  今週の当コラムは、そうした投…
  4. ■日経平均、史上最高値に迫るも半導体株の失速で足踏み  「あれもこれも」か「あれかこれか」なのか何…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る