【編集長の視点】ジャパンミートは反落も初値水準の下値には2ケタ増益業績を見直し内需系の直近割安IPO株買いが継続

編集長の視点

 ジャパンミート<3539>(東2)は、45円安の1062円と急反落して始まっている。きょう2日の日経平均株価が、円高・ドル安の進行とともに690円安と続急落してスタートしていることから、同社株にも目先の利益を確定する売り物が先行している。ただ今年4月21日のIPO(新規株式公開)時につけた初値1040円を前にする下値では、IPO後の初決算となる今7月期業績が、2ケタ増益で過去最高更新と予想されていることを手掛かりに内需系の割安株として直近IPO株買いが継続しており、寄り付きの安値からは下げ幅を縮めている。また、今期配当は、現在のところ未定としているが、実施を予定しているとしており、配当期待から配当催促の動きも伴っている。

■「肉のハナマサ」などの来店者数などは好調に推移し現在未定の今期配当にも期待高める

 今7月期業績は、売り上げ958億700万円(前期比4.7%増)、営業利益43億2400万円(同24.4%増)、経常利益43億300万円(同21.0%増)、純利益26億9400万円(同45.3%増)と大幅続伸が予想され、過去最高を更新する。茨城県を地盤とする食品スーパーとして、今年2月末現在でジョイフル本田<3191>(東1)のホームセンター内に「生鮮館」を13店舗、ロードサイドに「卸売市場」を8店舗、さらに2013年9月に買収した業務用スーパー「肉のハナマサ」を50店舗などを展開し、消費者の節約・内食志向が続くなか、商品販売戦略の奏功から来店者数、買い上げ点数とも前期を上回って推移しており、「卸売市場」で鳩ヶ谷店を新規出店し、休店していた「肉のハナマサ」芝浦店を新装開店、仕入れ価格の交渉や購買タイミングを重視し採算の確保を図っていることが寄与する。

 配当は、今年2月1日付けで実施した株式分割(1対100)以前の前7月期に100円として実施、今期も株主への利益還元を経営上の重要課題として認識しているとしているが、IPO時には未定とした。決算期の進行とともに、配当期待が高まってくる。

■PERは9倍台と評価不足で「小さく産んで大きく育てる」絶好のチャンス

 株価は、公開価格1010円に対して1040円で初値をつけ上場来安値995円と下ぶれ、上場来高値1210円と切り返したあと、初値水準でのもみ合いを続けるなどIPO株人気は限定的となった。上場市場が、IPO株人気の薄い東証第2部で、業態もオールドエコノミーに属することが要因となった。ただPERは9倍台と評価不足で、デフレ関連株の一角も占めており、IPO株の投資セオリーの「小さく産んで大きく育てる」絶好のチャンスを示唆している。最高値抜けから上値チャレンジに拍車を掛けよう。(本紙編集長・浅妻昭治)

関連記事


手軽に読めるアナリストレポート
手軽に読めるアナリストレポート

最新記事

カテゴリー別記事情報

ピックアップ記事

  1. ■国産バイオメタン、環境と経済を支える新エネルギー  エア・ウォーター<4088>(東証プライム)…
  2. ■日本語に特化した130億パラメータの大規模言語モデル  富士通<6702>(東証プライム)は5月…
  3. ■鶏肉・油価格高騰、巣ごもり需要減少、コンビニ・スーパー競争激化が要因  帝国データバンクは、20…
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ピックアップ記事

  1. ■定額減税内での賢い投資戦略  定額減税の4万円は、一時的な変動収入であり、その使途は多岐にわたる…
  2. ■4万円で買える東証低位株460銘柄:配当利回り・PERランキング上位銘柄も  金銭哲学では「悪銭…
  3. ■大手重工から宇宙ベンチャーまで関連株に注目  宇宙産業は、政府の強力な政策支援を受け、2030年…
  4. ■2030年代に8兆円市場へ、政策支援も追い風に  今週の当コラムは、不真面目とお叱りを受けるのを…

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る